チャットボットの技術と活用分野

チャットボットという技術がいつのまにかあちらこちらで使われているのをご存じでしょうか。これは文字での会話であるチャットを、ロボットが自動的に相手してくれるというものです。現代の技術でもロボットとのスムーズな会話は難しいのですが、それは人間側が音声という安定しない出力をしているからで、その部分を文字にしてしまう事でかなり高度な会話が可能になっています。家電やパソコンサービスなどのお問い合わせ対応にチャットボットは使われており、サービスや機能の分からないところを質問すると、一瞬で回答が戻って来ます。

それは質問内容をプログラムが判断して回答しているのですが、人間であろうとチャットボットであろうと回答があって問題が解決すればいいわけで、こだわりは必要ありません。利用者としても構わないのですが、導入する企業側としても問い合わせ対応は人件費が嵩む部分なので導入が進んでいるのです。生産部門ではないのでカスタマー部門にはあまり人を入れたくないものの、そこが詰まってしまっては企業の評判にも関わってしまいます。そこにチャットボットを入れると、全てを解決してくれるという訳ではないものの、簡単な質問をどんどんさばいてくれるため、人を減らせる事は間違いありません。

相性の良いジャンルというものがあり、数値的な質問が多かったり、質問への回答がYESかNOと分かりやすいものになりがちな分野ではチャットボットの導入が進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です