ファクタリング 業者比較のポイント

subpage01

事業経営で利益を上げることに負けずに大切なことが資金繰りです。

ファクタリングの比較についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

経営者は常に勝ち続けることを目標にしますが、景気動向による売り上げの減少や臨時的費用の増加などで時には赤字になることもあります。



赤字が出てもお金があれば倒産する心配はありませんが、利益が出ていてもお金が尽きたら突然行き詰まることもあります。


黒字なのに行き詰まるというと不思議に感じますが、事業が順調に成長すると商品を多めに仕入れてもう一段のステップアップを目指したり、店舗拡大やスタッフ採用など、成長しているときこそ先行してお金が必要です。

売り上げ拡大には企業間の売掛取引やカード利用など、決済手段を増やすことが有効ですが、入金までの期日が伸びるほど必要な資金も増えていきます。

そこで棚卸資産の圧縮や、売掛債権を流動化して有効活用するのが資金繰りに効果的ですが棚卸資産の圧縮は売り上げの機会損失=売りたいのに商品がないという事態を招くリスクがあります。

一方、棚卸資産圧縮と比較しても売り上げの機会損失などのデメリットがないのが売掛債権の流動化で、ファクタリングで、将来入金する予定の債権を今の現金に換えることができます。ファクタリングの業者比較のポイントは二つあり、一つは債権買取の際のコストが高くないか、もう一つはせっかく流動性を高めるためのファクタリングなので申し込みから資金化までに必要な時間です。

コストが安いに越したことはありませんが手続きに時間がかかっては効果が半減するので、時間を重視して業者を比較すると効果的です。