スクラバーは、さまざまな工場で排ガス処理装置として使われています。ここでは実際に導入されることが多い、鋳造・製薬・化学・ゴム加工の工場について紹介します。まず「鋳造工場」は、粉塵を含んだ排ガスや悪臭のするアンモニアなどが工場のラインで発生するのが特徴です。粉塵は、呼吸によって肺や気管に入り込みますし、呼吸器に健康被害をもたらすことがあります。

そしてアンモニアなどの悪臭は、当然のことながら近隣の迷惑になりますし、場合によっては健康を損ねることもあるでしょう。ですのでそれを防ぐためにスクラバーの設置が重要になると言えます。次に「製薬工場」は、特に漢方薬を製造する場合は強い臭気が発生することがあります。そのため、周囲の環境を考慮して臭気物質を除去する効果の高いスクラバーを導入することが必要です。

「化学工場」は、製品の種類によって、多様な有害物質や臭気物質が発生するのが特徴です。人体に有害とされるホルムアルデヒドや、悪臭のする有機溶剤などが有名でしょう。スクラバーは、もちろん、こうした多様な有害物質にも対応することができます。「ゴム加工工場」は、製造過程で粉塵や有機溶剤を含んだ排ガスが出てくるのが特徴です。

それに悪臭の原因になるシロキサンやシリコンが排ガスに含まれることも多いので、そのことで近隣住民からクレームが入ることもあります。そのため、粉塵と臭気物質を確実に処理できるスクラバーが必要になります。