排ガス洗浄装置のことを、スクラバーと言います。研究施設や工場で導入されている他に、近年では飲食店でも取り付けが行われていることもあるのです。スクラバーの役割は、施設内で作業を行うことで発生した有害なガスや汚染物質を除去することで、内部にはそのための工夫が施されています。湿式と呼ばれているスクラバーは、水や薬液・充填剤を使用してガスを処理するものです。

排出させるガスの中には、粉塵や汚染物質が混入しているケースがあります。水や薬液がそれらに作用し、洗浄を行うのです。有害なガスの成分に応じて薬液を使用すれば、さまざまな種類のガスを分解することが出来ます。こうして分解され、きれいになった空気が大気に放出させるのです。

スクラバーの乾式と呼ばれている装置は、排ガスをフィルターに通します。フィルターそのものに仕組みがあり、脱臭効果を高めたい場合は活性炭を利用するといった工夫が施されているのです。酸性ガス用、中性ガス用、塩基性ガス用のフィルターも存在しているので、排ガスの有害物質を吸着し取り除くことが出来ます。こうして浄化された空気を大気中に放出すれば、問題ありません。

スクラバーに関しては、スペースをとるという問題がありました。現在は小型化と省スペース化に成功した製品が多く、複数の場所で導入されています。定期的なメンテナンスとフィルターやカートリッジの交換が必要とされるので、今後はこうした課題にも取り組むべきでしょう。