スクラバーは工場の排出ガスを無害化する非常に重要な設備であり、現在では大気汚染の観点からすべての工場に設置が義務付けられているものですが、法律上定義されている機能は必要最小限のものにとどまっているのが実態です。除去することが定義されている物質もこれまで発見された様々な形で健康被害を与える危険性のあるものに限定されており、その他のものは特に定義されていないため、法律を遵守すると言う観点からは特に言及されていない有害物質も数多く存在しているのが実態となっています。しかし現代の企業では様々な物質を製品の製造のために利用しており、これらをそのまま排出しても法律で処罰される事はありません。しかしこれらの物質を排出していることが一般に知られると企業イメージが著しく低下するばかりでなく、場合によっては企業活動に大きな影響を及ぼすなど様々な問題を生じることが多いものです。

そのため多くの企業ではスクラバーを設置することにより除去する有害物質などの種類の公表を積極的に行っており、またこれを除去するためのスクラバーの仕組みなどを公開しているところが少なくありません。スクラバーを効果的に利用するためには、その機能を対外的に公開し、積極的に環境保全に貢献していることをアピールすることが効果的に利用する秘訣となっています。企業活動を行う上でそのイメージ戦略は非常に重要なものであり、高性能のスクラバーを導入していることをアピールすることが、その効果的利用を行う秘訣です。