工場や実験室などでは様々な粉塵や有害物質を含む排ガスが発生することがあり、そのまま放出すると健康被害や環境汚染を引き起こす可能性があります。スタッフや周辺住民に健康被害が生じた場合には、訴訟などのトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。粉塵や有害物質を含む排ガスはスクラバーを使って浄化してから外部に放出すれば、健康被害や環境汚染を防ぐことができます。トラブルを避けて安全に工場や実験室などを運営したいのであれば、スクラバーを設置することが大切です。

スクラバーは細長い筒状なので洗浄塔システムとも呼ばれており、もともとは潜水艦の二酸化炭素を除去するために開発されました。現在は工場や実験室などで発生した排ガスを浄化するために使われており、大きく湿式と乾式の2種類に分けることができます。湿式は水や薬液を使い、乾式は活性炭などのフィルターを使います。いずれも排ガスから汚れを取り除く機能を備えていますが、異なる特徴があるので使用状況などを考慮して最適なものを選ぶ必要があります。

湿式には充填剤を使うものと使わないものがあり、水や薬液に排ガスを通して汚れを除去します。塩化水素やアンモニアなど水溶性の毒物や腐食性のガスでも湿式ならば効果的に浄化できます。乾式は活性炭などのフィルターで汚れを除去する仕組みになっており、フィルターがカートリッジ式になっているものもあります。酸性やアルカリ性など排ガスの性質に合ったフィルターもあるので、様々な性質の排ガスが発生する場合には乾式を選ぶと効果的に汚れを除去できます。