スクラバーは工場などで粉塵や有害物質を含む排ガスを浄化して外部に放出するための装置です。この装置を使わないと粉塵や有害物質を含む排ガスをそのまま放出することになり、様々なトラブルの原因となりかねません。例えばアンモニアなど強い臭いのある気体をそのまま放出すると、大気を汚染して近隣住民との間で訴訟に発展する可能性があります。粉塵なども適切に処理をしないとスタッフや近隣住民に健康被害が生じる可能性があるので注意が必要です。

スクラバーはもともと潜水艦の二酸化炭素を除去するために開発されましたが、現在では排ガスの発生する工場などで必須の装置となっています。この装置には大きく分けて湿式と乾式の2種類があり、湿式はさらに充填塔式と無充填塔式の2種類があります。湿式は酸性やアルカリ性の物質を含む有害ガスを集め、水や薬液を使って取り除き綺麗な状態にしてから大気中に放出します。乾式は活性炭などを使ったフィルターで排ガスに含まれる汚れを取り除きます。

湿式のスクラバーは高濃度の酸性ガスやアルカリ性ガスを水洗浄したり、薬液で中和吸収することが可能です。臭気ガスや粉塵などにも対応していてステンレス製ならば水溶性の有機溶剤ガスも処理でき、FRP製ものは大風量型にすることができます。乾式は水洗浄では除去しにくい有機溶剤や悪臭を、活性炭などのフィルターを使って除去します。アルカリ性や酸性など排ガスの性質に応じてフィルターを選択できるというメリットもあります。

カートリッジ式ならば古くなった場合でも簡単に交換できるので効率的です。