スクラバーを選ぶ際には、排出ガスの種類によって最も適したものを選ぶことが重要です。実際にはそれぞれのスクラバーによって除去することができる有害物質が異なり、またその除去の方法も異なるため、その後処理の部分も考慮した上で最適なものを選ばなければなりません。最近では非常に高性能の独自の機能を持ったスクラバーが注目を集めており、これを利用することで業務の効率化を図ることができるものと期待されています。これはこれまでのフィルターを利用した方式ではなく、水を利用した構造の画期的なものとなっているのが特徴です。

水は適度な粘着性があり様々な物質を吸着させる性質を持っているので、これをフィルターがわりに利用することで様々な不純物を取り込み除去することができるのがポイントとなっています。この特性を用いて空気中から有害物質を除去し、純粋な空気だけを放出することで非常に効果的な有害物質の除去を実現することが可能です。さらに一般的なスクラバーの場合には定期的にフィルターを交換しなければならないため、その間は工場の稼働を停止しなければならないと言う問題が生じますが、この水をフィルターがわりに利用するタイプの場合にはこの水を循環させ不純物を除去することができるため、工場の稼働を停止させずに常に効率よく有害物質を除去することができると言うメリットがあります。このタイプのスクラバーは水を使用するためそのシステムが比較的複雑で大きくなってしまうと言う問題がありますが、様々な有害物質を能動的に除去することができるため、高い効果を上げることができるのが魅力です。