製造現場において、清掃機械が活躍することになりますが、その一つに挙げられるものがスクラバーと呼ばれるものです。スクラバーは床の掃除で幅広く使われている清掃機械で、モップ掛けの代わりに水撒きやブラシかけ、汚水回収をする機械のことを指しています。またもう一つスイーパーと呼ばれるものが使われることもありますが、これはほうきとちりとり、もしくは掃除機の代わりにゴミや塵を集めて吸い込むものをさしています。工作機械などを扱っている工場では、床に切削の油や粉、タイヤ痕などで汚れることが多いですが、このような現場にはスクラバーが非常に適していると言えるでしょう。

対して事務室や駐車場などのようなゴミや塵を取り除きたい場所ではスイーパーが適していると言えます。それぞれの特徴を理解して、うまく使い分ける必要があります。床洗浄機を作ら婆と呼んでいますが、英語でスクラブはごしごしこすり洗うという意味があります。タンクが内蔵されていて、ここに水や洗剤が入っていてこれを床に巻いた上で、車体の前方にブラシやパットなどが付いているので、これが高速回転し床を磨きあげます。

スクラバーにも二つの種類があり歩行型と乗車型と呼ばれるものです。どちらも一人で操縦することになりますが、歩行型の場合には狭い空間や通路のある現場に向いています。乗車方は広い現場を掃除するのに適していると言えるでしょう。現場の状況に合わせて、うまく使い分けることが求められます。

スクラバーのことならこちら