スクラバーはさまざまな種類の工場で使用されています。金属製品を製造しているプラントなども、こうした設備が使用されることが多い場所です。金属を材料に使用している工場では、金属を切断したり磨いたりする工程で、粉状になった金属が空気中に広がってしまうことがあり、これをそのままプラントの外に排出してしまうと、環境に悪い影響を与えてしまいます。金属製品を製造している工場では、製品の製造のために、匂いが強い物質が使われることもあります。

使用する量が多いと、工場内の空気に嫌な匂いがついてしまうこともあり、こうした気体も外部にそのまま排出してしまうと、周囲で生活をしている人に迷惑をかけてしまいます。そのために金属を加工するプラントでは、加工による粉塵と悪臭の両方を処理できるスクラバーが必要になります。両方の機能を兼ね備えた製品を販売している企業もあり、効果的に大気汚染を防止できるのがメリットです。そのほかの種類の工場でもスクラバーが使われることがありますが、医薬品を製造している工場でも、使用されていることが多いです。

工場で生産されている医薬品の中には、特殊な材料を使用して製造しているものありますが、その中には製造の工程で悪臭を発生させるものもあります。このような場合でもスクラバーを設置することで、不快な匂いを除去してから外部に排出できるので、環境に配慮した製品作りができます。化学薬品を製造する工場でもよく使用されています。