スクラバーというのは各種工場の大気汚染を防止するために必要なものです。工場が発生させる排ガスをそのまま外部に放出すると、環境汚染が起こり近隣住民の健康被害も避けられません。近隣の住民だけでなく、工場で働く従業員にも被害が及ぶのはもちろん、職場環境の悪化は生産性の低下にも繋がります。つまりスクラバーによる排ガスの処理は大変重要です。

どのような仕組みで問題を解決しているのでしょうか。排ガスや有害ガスなどは装置内で吸着・水洗浄・薬液中和などの工程を経て処理され、大気に放出できるものになります。これをすることによって工場の粉塵や有機溶剤が大気に放出されることなく、周囲に臭気が漂うこともありません。工場によって排出される排ガスはそれぞれ違うので、処理装置も各々の状況に合った製品を選んで設置することが大切です。

具体的には工場によってどう違うのでしょうか。例えば漢方薬を扱う製薬工場では、漢方薬の臭気がかなり強いです。スクラバーは強い臭気物質を除去するので、工場は安心して稼働できます。鋳造工場の場合は、粉塵が混じった排ガスやアンモニアなどの強い臭気が発生します。

鋳造をしているのでその粉塵には害があり、人間の肺や気管に入れば呼吸器に影響があります。強烈な臭気物質も粉塵もスクラバーがあれば処理が可能です。化学工場では製造品目によって様々な臭気物質と有害物質が発生します。人体に有害なホルムアルデヒドなどもあり、強い臭気の有機溶剤なども発生します。

これらの悪影響物質もスクラバーなら処理することが出来ます。