工場では、稼働している際に排ガスが排出されます。排ガスの中には粉塵や汚染物質などが含まれていて、そのまま排出してしまうと工場で働いている人だけではなく、近隣に悪影響が出てしまいます。そんな粉塵や汚染物質を取り除くのがスクラバーです。スクラバーは、湿式のものと乾式の2種類に分けられます。

構造や仕組みが異なるため、どちらの方式が良いかを知ってから導入することが重要となります。湿式スクラバーは、塔内に排気ガスを通すことによって汚染物質を取り除くという仕組みになっています。充填塔式のものと無充填塔式のものに分かれていて、充填塔式のものは内部に排気ガスを取り込んで充填剤と水を通過させて処理をし、汚染物質は水で洗い流します。無充填塔式は、充填材は使用せず排ガスと薬剤を混ぜて気体接触させて、排ガスをブロワーで内部に取り込んで、水で洗い流し綺麗になったガスを排出します。

乾式スクラバーは、活性炭などを使用した吸着剤のフィルターを使って浄化します。排ガスを吸着剤フィルターに通すことによって、汚染物質を処理できます。カートリッジ式ですので、フィルターを定期的に交換することが必要です。乾式は水に溶けにくいガスなどに特に効果的なタイプとなっています。

中性ガス、塩基性ガスなどの種類があるため、処理したいガスに合わせてフィルターを選べます。それぞれメリット・デメリットがあるため、工場に合わせたタイプを選ぶことが大切です。