スクラバーといえば主に工場で使用する器具で、燃焼などで出る有毒ガスを洗浄することが目的です。スクラバーを使用すると有毒ガスに化学反応を起こしたり、有毒成分を吸収するなどで、排気ガスを環境への被害が少なくする基準にまで下げることができます。そんなスクラバーはタンカーなどの大型船舶に導入されることもあります。大型船舶は主に重油を燃料として使用していますが、それを燃焼した後には硫黄酸化物や窒素酸化物などが排出されます。

それが環境を汚染する原因になりますが、世の中の環境保護の流れから、一定の基準以上は排出しないように規制がかけられています。そこで活用できるのがスクラバーで、排気ガスの中から硫黄酸化物を取り除くことができるタイプももちろんあります。それを導入することで、規制に違反してしまうリスクを下げられます。環境への被害を抑える選択肢としては、従来の重油から別の燃料に切り替えるというものもあります。

しかし燃料を切り替えるとコストが高くなりがちで、それが将来的にずっとのしかかることになります。また当然新しい燃料設備を用意せねばならず、継続使用するためのコストも考える必要があります。その点スクラバーを導入すれば、重油をそのまま使うことができます。その上導入費用も、新しい燃料システムより安く抑えられる可能性があります。

さらに燃料システムと比べると構造はシンプルなので、メンテナンスなどのコストも安く済みます。スクラバーのことならこちら